<

なぜ、私がココで働くか?

自分が手がけたゲームを、
大ヒット作へと導きたい。

こう考えるようになったきっかけは?

  • ゲームが好きで、プログラムすることが好きだから。
  • 自分の個性やセンスを、ゲームに表現できるため。
  • 好きなことで、チャレンジし続けたいから。

そこで、他社ではやらない
挑戦的なゲームをつくる会社が最適と、
セガゲームスへ。

今まで、仕事を通じて学んだこと

  • クオリティの低いものはヒットしない。
  • 最後まであきらめないでやりきる。
  • 個人の力は有限、仲間の力を結集できれば無限。

「それ、僕たちがつくりました」と
心のなかでつぶやけるような仕事をしたい!

この会社のゲームプログラマはクライアント側(スマホアプリ側)とサーバ側とに大別されるのですが、私は前者のゲームプログラマとして、主にアクション系ゲームを担当してきました。この仕事のおもしろさは仕様書には書かれていない行間をいかに表現するかにあると考えています。 たとえば「ジャンプする」という仕様に対して、ふんわり飛ぶのか、素早く跳ねるのかで、与える印象は大きく異なります。私自身はアクション系を長く手がけてきましたから、派手で大きな動き、気持ちのいい跳躍を表現することが得意。そこで、こうした要素を盛り込んでいきます。

とはいえ、ゲームには世界観というものがあります。シミュレーションゲームには、私のような大きな動きは過剰かもしれません。それでもゲームの世界観をきちんと理解し、そのうえで得意とする表現が活きると思うのであれば、やはりそこは挑戦したほうがいい。そしてプランナーなりディレクターなりの判断を仰ぎ、ダメなら修正すればいい。大切なことは主体的に取り組み、チャレンジすること。それにより、自分の強みやセンスというものは磨かれ、そのマインドがタイトルに息吹を吹き込む。私はそう確信しています。

入社後、新人研修を受け、いよいよ自分も社会人だという感慨を胸に、はじめて配属先に足を踏み入れたとき、私は大きな衝撃を受けました。いい大人たちが朝から職場でゲームをしている(笑)。でも、それはどうしたらおもしろいゲームになるのか、プレイヤーの気持ちになって真剣に考えているのだと、その様子からすぐに理解することができました。先輩たちの仕事に対する秘めた情熱を感じ、「ゲームをつくるとは、こういうことなんだな」と教えられたことを、私は昨日の出来事のように覚えています。

この会社には仲間とチャレンジしていくおもしろさがあります。これは個人的な感覚ですが、一人のゲームプログラマとしてどんなにスキルを磨いても、上げられる作業能力はせいぜい2倍程度。でも、プログラムチームのリーダーを務めて感じているのは、仲間の力が結集されると、それが5倍、10倍へと跳ね上がっていくという事実。それを活かして、本気で大ヒット作の実現を目指しています。ちなみに私の大ヒットの定義は、自分のことを知らない街行く人たちの会話から、「このゲーム、おもしろいよね!」 という言葉を聞くこと。「それ、僕たちがつくりました」と心のなかでつぶやけるような、そんな仕事をしていきたいです。